初詣の調理師関連の仕事

初詣の調理師関連の仕事2

職業と仕事

初詣の調理師関連の仕事2

初詣のすし職人

すし職人とは?
すし職人は、すしを作り、お客に提供するのが仕事。仕入れから始まり、仕入れた材料を仕込み、ネタにする。仕入れ、仕込み、にぎり、勘定が完全に分業された回転ずしとの一番の違いはここ。
初詣のすし職人になるには?
調理師免許を持っていた方が有利。すしの実地技術は、職場で修得する。
すし職人の業態など
主人のすし職人が、数人のすし職人を雇っているケースがほとんど。一店、平均2〜3人ぐらいである。4人以下の店が約8割を占める。

初詣の西洋料理調理師

西洋料理調理人とは?
コックは、西洋料理専門店やホテル内のレストランなどので、洋食を作り、お客に提供する。
初詣の西洋料理調理師になるには?
調理師免許を持っていると独立、転職、給与の面で多少有利になりそうである。
西洋料理調理師の業態など
大規模なレストランでは作業が分業化されているが、規模が小さければ仕入れを含め1人ですべてやるという場合もある。

初詣の中華料理調理人

中華料理調理人とは?
宴会で出される高級中華料理や、ラーメンや餃子などの中華料理を作り、お客に提供する。
初詣の中華料理調理人になるには?
資格不要。調理師免許を持っていると独立、転職、給与の面で多少有利になりそうである。
中華料理調理人の業態など
本格的な料理を覚えるのに何年もかかるが、ラーメン店などは独立するのが比較的容易であるのが特徴。


初詣の調理師関連の仕事TOPに戻る